MCI Pryer Endoscopic Objective | 茨城県土浦市 プライムテック株式会社

PRODUCTS

製品案内

MCI Pryer Endoscopic Objective

MCI Pryer Endoscopic Objectiveは、In vivoで脳深部を直接観察することを可能とした対物レンズです。屈折率分布型レンズ(GRINレンズ)とは異なり、小型のガラスレンズを重ねた構造をとっているので光の減衰が小さく鮮明な像を得られます。また耐久性に優れ製品寿命が長い対物レンズです。
MCI Pryer Endoscopic Objectiveは各顕微鏡メーカー(オリンパス、ニコン、ツアイス、ライカ)の主要な2光子顕微鏡、共焦点顕微鏡に取り付けが可能です。特徴的な先端は直径が2.1mmと細いため侵襲が極めて低く生体組織深部へのアプローチに適しています。

MCI Pryer Endoscopic Objective

構成

  • プロービングチップ:長さ5.87mm 直径2.1mm
  • 倍率:70倍 NA=0.7
  • 分解能:0.3um
  • ワーキングディスタンス:300um以上
  • 視野:200um以上
  • ワーキングバンド:450~1030nm
  • 画質:Plan Fluoro Achromartic NIR
  • 対応顕微鏡:明視野顕微鏡、共焦点、2光子および超解像度顕微鏡を含むすべての正立顕微鏡

カタログダウンロード(PDF)

サンプル画像

落射蛍光観察像

左写真:MCI Pryer Endoscopic Objective観察像
右写真:40x 0.75NA 水浸レンズ観察像

BACK